スポンサーサイト

  • 2017.02.14 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ワタシの一行

新潮文庫の100冊 ワタシの一行をもらってきました。

スーパーの一角にある小さな書店(というかコーナー)だけど、本を買ったら貰える付箋が置いてあったので、小さいなりにちゃんと書店らしい。

晴一さんは、ワタシの一行のコーナーで1ページ。コメントつきです。

音楽が聴こえてきそうな記念切手

東京文化会館50周年の記念切手。
111205_1136~01.jpg

結構前から売ってたんだけど、やっと買いました。ヴァイオリンと、ピアノが素敵でしょ(*^_^*)

時の尾

100517_0944~01.jpg

視力が悪いせいか、一気に読むと疲れるので、ゆっくり読もうと思います。

読み始めた感じは、入りやすいね。晴一さんらしい言葉使い。

Twitterで、晴一さんがつぶやいていたので、RTでおめでとうメッセージ。ブログのコメントは恥ずかしいけど、こっちは出来るんだなぁ 笑。

コメントよりも、読まれる可能性高いのに。気軽に書けてしまう。

ロジック

ひっさーしぶりにイラストロジックの本を買ってみた♪

080111_2250~0001.JPG

携帯のアプリでは、よく遊ぶんだけど、ペンで描くのは久しぶり(^^)

手慣らしにちっちゃいやつから。楽し〜っ!

ダンスと迷宮美術館

今回の迷宮美術館のテーマは

ダンス

数年前、絵画展に行ったロバート・ハインデルを取り上げてました

柔らかいタッチでダンサーの練習風景を描いた作品で、滲み出るような動きが出ていて引き込まれる感じが好きです

モデルになっているダンサーの佐々木想美さんのインタビューもあって、彼女の舞台も観た私としては、ハインデルさんと想美さんを取り上げてくれた事が嬉しかった☆彡

ルノアールの作品の中でも大好きな作品、ムーラン・ド・ラ・ギャレットも取り上げていたし、いつに増して見応えがありました

…バレエ観たいなぁ…特にボレロ

エコパの敷地内に…

こんなもんがありました。(昆虫館?があるそうです)

クワガタ

20070528_227403.jpg

ステンレスで出来てるんだって。カブトムシもあって、子供が乗って遊んでました(^^)

駅からエコパまでの道…

歩いていると、たくさんの微妙なオブジェがあります

中でも気になったのがこれ

20070527_226818.jpg

実用的であるような、ないような(^_^;)

子どもたちのいない世界

子供と、そして大人のための童話

フィリップ・クローデル著

子どもたちのいない世界

20070524_225001.jpg

童話や寓話ってね、余程子供向けでないかぎりは題材が重いものが多いの

有名な古い話も、残酷だったり、嫉妬の塊だったり…悲話だったり

この本では、重いものと軽いものが丁度よく20話入ってます

特に気に入ったのが、失業中の妖精を叱咤激励する、おしゃまな女の子の話 妖精はつらいよ

娘と父親のほのぼのした優しい会話が暖かい詩 五月はめぐる

戦争中の街に住み、いつも殺されないように、周りに気をつけなければいけない少年の語りで進む 小さな隣人
この話の最後にある、他人のことを一生懸命考えれば、他人を存在させる事ができ、それは戦争があっても変わらないという言葉に重みがあります

他にも、子供を持つ親が読んだらチクッとするかもね?って思った話もありました。

久しぶりの図書館

夕べ、週刊ブックレビューで紹介していた本が読みたくて図書館へ

そこにはお目当ての本がなかったので、リクエストカードを出して、目についた本を借りて来ました


The
Catcher
in the
Rye


まだ、6章までしか読んでないけど、サリンジャーってこんなに軽かったっけ?

読みやすい理由、村上春樹さんの訳がそうさせているのかは知らないけれど
(彼の作品を読んだ事がないので)

そう言えば、この本も紹介していたな…

もっと重い本が読みたいなぁ…重いって言っても人生の苦労とか、いじめとかが題材ではなく、今時のちょっと悲しい恋愛物みたいなのでもなく…。小説じゃなくてもいいんだけど、誰か紹介してくれないかしら 笑。

昔読んだ、生命潮流みたいなやつ希望

いや、あれも軽いか

迷宮美術館と、続けて観ちゃってる週刊ブックレビュー

迷宮美術館で取り上げたのは

キース・ヘリング

あの単純で独特で何か惹きつける不思議な絵は、知らない人の方が少ないんじゃないかしら?
単純な線だからこそ、メッセージが伝わりやすいのかもしれないですね

キースは31歳で亡くなっていて、亡くなる前の大作はベルリンの壁の壁画だそうです。

そうそう、以前ブログに書いたトリックアートの木津さんも出演してました

で…

そのまま週刊ブックレビューを観始めたら…

あらま、ポルノのお二人もお好きよね

いしいしんじさんがいらっしゃってます(^^)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM